TPOに合わせた服装選んで常識人になろう【結婚式編】

Happy Marry

大切な瞬間

基本的なスタイル

暗い印象にしないようにする

式場

結婚式の服装で良いと言われているのが、少し光沢のある生地を利用したパーティドレスで、着丈も膝丈のドレスが一般的となっています。ドレスのカラーは基本的に自由ですが、花嫁を引き立てることを意識しすぎて服装が黒っぽい印象になり過ぎないようにすることもポイントです。黒のドレスを着用する場合であれば、サテン生地やビジューの付いたドレスにして華やかさをプラスする必要があり、麻素材やコットン生地はカジュアル過ぎる印象になるので控える必要があります。喪服のような印象にならないように、アクセサリーやバッグ、羽織りなどにカラーや宝石を加えて華やかさを演出するのも1つの方法です。全体的に白すぎるコーディネートや暗すぎるコーディネートを控えるように服装を心がけると良いでしょう。

時間帯によって少し変わる

結婚式は時間帯によっても服装の雰囲気は変えるのが良いとされており、特に昼の時間帯に結婚式へ参加する場合は、できるだけ淡い色のドレスを着用すると良いでしょう。特にパステルカラーのピンクやブルー、グリーンも向いているといえます。結婚式は華やかな場所である分、参加するゲストの女性も華やかなカラーの服装をして会場を明るく華やかにする必要があります。基本的に肩の露出は控えたほうが良いと言われているので、ノースリーブのワンピースを着る場合は、ボレロや羽織りを着るのがマナーとなっています。夜やカジュアルな二次会に参加する場合であれば、あまり強いマナーはないので、少し派手なアクセサリーや肩の出たドレスでも大丈夫と言われています。あまり派手すぎず、地味すぎず、というバランスの取れた華やかさを演出することを意識しておくとベストな服装を来て結婚式に参加できるといえます。