TPOに合わせた服装選んで常識人になろう【結婚式編】

Happy Marry

大切な瞬間

永遠の証の豆知識

エタニティリングについての豆知識

グラス

エタニティリングとはリングの幅が一定のもので、同じサイズの宝石が装飾されているデザインのものを意味します。エタニティリングには、ぐるっと一周宝石がほどこされたふるえたにエタニティリングと半分だけ施されたハーフエタニティリングがあります。 通常、このタイプのリングは結婚記念日や子供の誕生などの夫婦にとって大切な日を記念して購入するリングなので、結婚指輪と重ねづけできるデザインになっています。 主にダイアモンドが使用されていて、ブランドによっては予めマリッジリングとセットになるようにデザインされているものを販売しているのが特徴です。最近では、結婚指輪としてこれだけを単体で身に付ける方も多くみられます。

永遠の愛の証のエタニティリング

フルエタニティリングは、リング全体に途切れることなく同じカットで同じサイズの宝石が並んでいるのが特徴で、永遠の愛の象徴と言われています。半周だけ宝石が入っている物をハーフエタニティリングと呼びます。 フルエタニティリングは全体的に宝石の飾りが施されているので、日常生活の中で何かに引っかかったりぶつけたりすると、宝石が取れてしまう可能性もあります。普段使いで付けたい場合は、宝石の留め方がしっかりとしている物を選びましょう。 全周に宝石が付いているということは、金属部分の割合が少なくなってしまうので、他のリングより強度が弱くなってしまう可能性があります。スポーツする時や重い物を持つときなどは、リングが歪んでしまう恐れもあります。 フルエタニティリングよりハーフエタニティリングの方が、宝石が少ない分安価で、強度もあります。