TPOに合わせた服装選んで常識人になろう【結婚式編】

Happy Marry

大切な瞬間

服を飾るアクセサリー

新郎新婦

結婚式はフォーマルにオシャレをしていく場であり、殆どの女性は服装だけでなく、バッグやアクセサリーにもこだわる人が多くいます。最近の結婚式のスタイルは多様化してきているため、式場ではなくレストランや家などで行なうこともあります。そのため、結婚式ではタブーとされていた服装でも良い時があるので、その時の結婚式スタイルに合わせて行くようにしましょう。ここでは、従来の結婚式でマナーとされているバッグやアクセサリー選びを紹介していきます。

冬場はどうしても寒いので、コートやファーを羽織りたくなるものですが、実は羽織ってはいけない素材の中にファーがあるのです。ファーは基本的に動物の毛皮を使用するため、動物を殺して毛皮を作るので縁起が悪いと言われているのです。また、食事の時にファーの毛が食事の中に入ってしまうこともあるので、あまり適していないようです。しかし、最近はコートやボレロなどであれば、そこまで非常識というわけではないので多くの人がアイテムとして着用しています。ただ、式場ではそのような羽織ものは脱ぐことがマナーとされています。羽織物の素材として選択する場合は、ドレスに合わせて選択するとよいでしょう。
結婚式でバッグも1つのアイテムであります。バッグはなるべく小さなものを選択すると良いです。バッグも小さいため持ち物も最小限に化粧直し用品やハンカチ、財布だけにするようにします。理由があって荷物がある人は、式場に入る前にクロークに預けるようにしましょう。バッグの素材を選ぶ時も、羽織物同様に革製品やカジュアル度が高いものは控えるようにします。